筋トレ

毎日筋トレをする効果を徹底解説!おすすめの頻度を紹介!

「よし、筋トレして体を引き締めるぞ!でも毎日したら効果があまり出ないって聞いたことがあるような...」

せっかく気合いを入れて筋トレしようと思っているのにこのような疑問があっては今後どうやって筋トレしたらいいのか悩んでしまいますよね。

筋トレをしたいけど効果的な筋トレの頻度が分からないという人のために正しい筋トレの頻度や、自宅でできるおすすめの筋トレメニューを紹介したいと思います。

その他にも筋トレが効果的になる食事についても解説しているので参考にしてみてください。

筋トレを毎日すると効果は早く出る?

ヒロ
よーし、筋トレするぞー!!!

おりゃー!
よいしょー!

毎日筋トレをすれば「効果は早くでる!」と言いたいところですが毎日筋トレをしても効果が出ないこともあります。

しかし正直なところ、はっきりと効果が出ないとは言い切れないんです。

毎日筋トレをして効果が早く出るかはやり方次第なんです。

まずは、筋トレを毎日しても効果が出ない場合の原因について解説していきたいと思います。

筋トレをした次の日は筋肉痛になることはよくありますよね。

それは筋肉が傷ついて損傷している状態なんです。

筋肉が損傷して回復している時に筋肉量は増加していきます

筋肉が損傷している時に筋トレをしてしまうと筋肉を回復させる前にまた筋肉を損傷させてしまい、効率的な筋トレとは言えなくなってしまいます。

これが毎日筋トレをしないほうがいい理由です。

だからと言って毎日筋トレしたらダメだというわけではありません。

効果的な筋トレの頻度

毎日筋トレするのはだめだと説明しましたがそれは毎日同じ部位の筋トレをしたらダメということです。

部位ごとに分けてしまえば筋トレで傷ついた筋肉を回復させている間に違う部位を鍛えることができます。

この方法で筋トレをすれば効率的に毎日鍛えることができます。

毎日しないダメというわけではないので休みの日を入れるのもいいでしょう。

例えば

月曜日 腕立てなどをして腕や肩を鍛える

火曜日 腹筋を鍛える

水曜日 休み

木曜日 スクワットなどで下半身を鍛える

金曜日 腕立てなどで腕や肩を鍛える

土曜日 腹筋を鍛える

日曜日 休み

 

このメニューは特に上半身を鍛えるメニューになっているので鍛えたい部位によってメニューを変えてみましょう。

おすすめの筋トレメニュー

筋トレをしようと思ってもしたことない人は何をすればいいか分からないなんてよくありますよね。

せっかくやる気になっていたのにそこで一旦ストップしてしまいやる気がなくなってしまうなんてことは絶対避けたいですよね。

このようなことがないように家でもできるおすすめの筋トレメニューを紹介していきたいと思います。

スクワット

スクワットは下半身を鍛えるイメージがありますが全身を鍛えることができる筋トレメニューです。

その為、トレーニングの中でも消費カロリーが高めだと言われています。

普段から運動をしていない人は筋肉痛になりやすいメニューなのでやりすぎには注意しましょう。

以下の動画で正しいスクワットのやり方を紹介しているので参考にしてみてください。

腕立て

家で筋トレをするならまず最初に腕立てを思い浮かべる人も多いと思います。

しかし、腕立ては正しいフォームでしないと、しっかりとした効果が現れません。

腕立てをする場合は正しいフォームを理解してするようにしましょう。

以下の動画で正しい腕立ての方法を紹介しているので参考にしてみてください。

クランチ

クランチは腹筋を鍛えるための代表的な筋トレメニューです。

主に腹斜筋の中でも上部に刺激が偏りやすいので腹筋なども一緒にしてバランスよく鍛えましょう。

以下の動画で正しいクランチの方法を紹介しているので参考にしてみてください。

筋トレに効果的な食事とは

筋肉を効果的につけるには普段の食事がとても大事になってきます。

筋トレをしてもそれを台無しにする食事もあれば筋トレの後押しをしてくれる食事もあります。

今回は筋トレを後押ししてくれる食事について解説していきたいと思います。

筋トレに効果的な食事

  • タンパク質
  • 炭水化物
  • プロテイン

以下で筋肉とどのような関係があるか解説していきます。

タンパク質

タンパク質は筋肉のもとになる物で筋肉量を増やすには欠かせない栄養素なんです。

その他にも皮膚や髪の毛など、人の組織はタンパク質でできている物が多くとても大事な栄養素です。

タンパク質は魚や肉、卵に多く含まれています。

カロリーが高い物が多く売られているコンビニは筋トレには不向きだと考えている人もいると思いますがそれは間違いです。

最近のコンビニはサラダチキンなどにも力を入れているので手軽にタンパク質を摂取することができます。

炭水化物

炭水化物は体を動かすエネルギーになるので欠かすことのできない栄養士の1つです。

炭水化物を摂っていないと思いのほか力も出せず筋トレははかどりません。

炭水化物の摂りすぎは脂肪になってしまうのでバランスよく炭水化物を摂るようにしましょう。

プロテイン

プロテインは食事とは違うのですが筋トレを効果的にするものの1つです。

プロテインには筋肉に必要な栄養素をバランスよく配合されており効率的に筋トレを後押ししてくれます。

筋トレ後、30分以内にプロテインを飲むことで効率的に栄養を摂り入れることができるのでできるだけ30分以内に飲むようにしましょう。

まとめ

  1. 筋トレを毎日すると逆効果。毎日する場合は部位ごとに分けて鍛える
  2. 全身を鍛えることができるスクワットがおすすめ
  3. 筋肉はタンパク質でできているので欠かさずに摂るようにする

筋トレのやりすぎは逆効果になるので無理はしないようにしましょう。

 

-筋トレ

© 2021 びあっじょ〜viaggio〜 Powered by AFFINGER5