筋トレ

筋トレの時にコーヒーを飲むと効果が倍増⁉おすすめのタイミングを紹介!

筋トレをする時にコーヒー飲むといいって知っていますか?
なんとなく聞いたことがあるという人は飲むタイミングまでは分からないですよね。
飲むタイミングはいつでもいいというわけではありません。
今回は「筋トレの時にコーヒーを飲むタイミング」を紹介するととも「コーヒーにはどのような効果があるのか」解説していきたいと思います。

コーヒーは筋トレをする30分~60分ほど前に飲むのがベストタイミング!

ヒロ
よーし、筋トレするぞー!!!

ちょっと待った!筋トレ前にコーヒーを飲むといいらしいよ!
ゆり

ヒロ
え?そうなの?

筋トレをする時はコーヒーは筋トレをする30分~60分ほど前に飲むことをおすすめします。

コーヒーを飲むときはブラックコーヒーが望ましいのですが苦くて飲めないという人は砂糖を入れて微糖ぐらいで飲むのも一つの手ですね。

コーヒーの中に含まれているカフェインが筋トレを効果的にしてくれるのですがカフェインは摂取してもすぐには効果があらわれるわけではありません。

効果があらわれるのに30分~60分ほどかかります。

効果は3時間が経過すると徐々に低下していき5時間が経過すれば効果はほとんどなくなっています。

おすすめはカフェテイン

カフェテインという言葉を初めて聞いたという人もいると思います。

カフェテインとは「カフェイン+プロテイン」のことを言います。

カフェインは代謝をアップさせてプロテインで筋肉を効果的につけてくれる夢のような飲み物なんです。

飲み方も簡単でカフェテイン10gを付属のシェイカーに入れて水と一緒によく振って混ぜるだけ!

カフェテインが気になる人はクリックしてみてね。

カフェテインとは

筋トレ前にコーヒーを飲むと効果が上がる!

「筋トレをする時にコーヒーを飲むとなぜいいの?」

と疑問に思う方はたくさんいると思います。

コーヒーには筋トレを効果的にするこんな効果があったんです。

  • 脂肪燃焼
  • 集中力の向上
  • 疲労感の軽減

以下で詳しく解説していきたいと思います。

脂肪燃焼

コーヒーには脂肪燃焼を促進させる効果があるんです。

コーヒーの中に含まれているカフェインが直接、脂肪を燃焼してくれます。

なぜ脂肪を燃焼してくれるかと言うとコーヒーのカフェインにはリパーゼという成分が含まれており、リパーゼは酵素を活性化させ脂肪燃焼してくれるからです。

集中力の向上

コーヒーに含まれているカフェインには交感神経を高めて集中力をアップさせる効果があります。

なぜ集中力がアップするかと言うとカフェインには興奮作用と覚醒作用があると言われておりこれらの効果により集中力が向上するからです。

筋トレをしていても集中できていないと思うように、はかどらなっかり怪我につながる恐れもあるのでコーヒーを飲んで集中力をアップさせて筋トレしましょう。

疲労感の軽減

筋トレをしていて疲れてしまって集中力が途切れてしまったことなんてありませんか?

コーヒーのカフェインには脳の疲労を感じる神経を麻痺させる効果があります。

なので筋トレ前にコーヒーを飲むと疲労感が紛れるので集中して筋トレを続けることができます。

寝る前にコーヒーを飲んで寝れなくなってしまった人はたくさんいると思います。

それはコーヒーのカフェインの効果である覚醒作用が影響し、交感神経を高めて集中力がアップしているからなんです。

寝る前にコーヒーを飲むのはできるだけやめましょう。

以下の動画でカフェインの効果や注意するポイントを解説しているので参考にしてみてください。

コーヒーが飲めない人はカフェインが入っている物を飲もう

コーヒーが苦手でどうしても飲めないという人もいると思います。

そんな人のためにコーヒー以外にも筋トレをする時に飲むと効果がアップする飲み物を紹介していきたいと思います。

  • モンスターエナジードリンク
  • レッドブル
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • 緑茶

紹介した飲み物の中にはカフェインが比較的多く入っています。

しかし、コーヒーと比べるとどうしてもカフェインが少ないです。

なのでカフェインが多く入っているコーヒーが筋トレをには一番効果的にしてくれるのでできるだけコーヒーを飲むようにしてください.

コーヒーには中毒性がある!?

筋トレをする時にコーヒーを飲むことでメリットもありますがデメリットになることもあります。

コーヒーを飲みすぎてしまった時のデメリットについて紹介していきたいと思います。

デメリット

  • 中毒性
  • 利尿作用
  • 口臭

中毒性

中毒性と聞くと薬物などの怖いイメージがありますが薬物ほど深刻ではありません。

しかし、カフェインにも中毒性はあるので飲み過ぎには注意しましょう。

利尿作用

カフェインは交感神経を刺激するので肝臓も活発になります。

その結果、尿も増加してトイレに行く回数が増えてしまいます。

緊張している時にトイレに行きたくなることはありませんか?

それは緊張で肝臓が活発になっているからです。

カフェインも同じような効果があります。

口臭

普段、コーヒーを飲まない人からするとコーヒーってなかなか独特な臭いがしますよね。

コーヒーを飲み過ぎてしまうと口臭にもつながります。

コーヒーのの臭いが苦手という人もいるので飲み過ぎには注意が必要です。

まとめ

  1. コーヒーは筋トレの30分~60分ほど前に飲むのが筋トレの効果を上げてくれるタイミング
  2. コーヒーには脂肪を燃焼してくれる効果があるので筋肉がつきやすくなる
  3. コーヒーが苦手で飲めないという人はカフェインが比較的多く含まれているエナジードリンクなどがおすすめ
  4. コーヒーには中毒性があるので飲み過ぎには注意が必要

筋トレにはカフェインがいいのですがカフェインの摂りすぎには注意が必要です。

カフェインの摂りすぎには注意しましょう。

 

-筋トレ

© 2021 びあっじょ〜viaggio〜 Powered by AFFINGER5